Now Loading...

[部課紹介]

情報システム部

中村 優太

Nakamura Yuta

営業現場で培ってきた経験を活かし
社内ITシステムの根幹を担う

営業現場で培ってきた経験を活かし社内ITシステムの根幹を担う

数多くの社内ITシステムが存在する中、現場の効率化を考えながらシステムの維持運用や新たな開発を行っています。

ITシステムを運用しながら、各部で発生した課題解決にも対応

当社には、①仕入れ・販売・在庫管理・財務会計を司る「基幹システム」、②経営戦略の切り口となる「情報分析システム」、③社員が日々使用するPCと、社内ネットワーク等の「インフラ環境」、④各種役割を持った「サーバ群」等、様々なITシステムが存在しています。情報システム部は、各部署で発生した課題に対する解決方法の見極めから、システムの開発・構築や維持運用を担っています。

営業経験を活かし、現場目線で開発・運用に取り組む

私自身の基本的な業務としては、「基幹システムの運用」、「海外営業本部向け情報分析システムの開発と運用」、「現場からのPCヘルプデスク」がメインになっています。私は入社後約3年間、東京にて国内の営業現場を経験させて頂きました。今ではその経験をベースに、「現場目線」で開発・運用するようにしており、お客様と接していた3年間の営業は極めて貴重な経験であったと実感しています。

廻りの意見を吸収し、常にベストな対応を模索・実践したい

変化激しい今日、私たち中央自動車工業が生き残っていくためには、私たち社員1人1人が、どうすれば会社を存続・発展できるかを常に考え、努力することが必要であると考えています。そのためには日々情報収集を行い、まわりの方のご意見を素直に吸収し、状況に応じたベストな対応を模索し続けることが必要だと思います。私は情報システム部の業務を通じて、それらを実践できる人間になりたいと思っています。

業務の中で心がけていることは何ですか?

スピーディな対応でしょうか。私たちの対応が遅くなることで、現場に影響を及ぼす事もありますので、できる限り的確且つ素早い対応を心がけています。

最近、嬉しかったこと、楽しかったことは何ですか?

今の部署だからこそ、社内すべての部門の方と日常的に仕事で携わることができ、日々楽しく勉強させて頂いています。

入社して、やりたかった事をどのようにして実現していますか?

まず声を上げるようにしています。私が発信したことに対して、先輩方も一緒になって真剣に考えて頂けるので、とても恵まれた環境だと感じています。

中央自動車工業はどんな会社ですか?

若い人でも意志を持ってやりたいと声を上げれば機会を頂ける会社だと思います。また、プロ意識を持ったベテランの社員の方が多く、日々勉強できる会社ですね。

中村 優太からのメッセージ
多くの企業様を受けられる中で、1社も内定がもらえていない方、複数内定を頂くことができた方、それぞれ悩まれるかもしれません。就職活動は自分の様々な可能性を模索できる場です。せっかくの機会なので、悩むよりも是非自分の持つ様々な可能性にチャレンジすることを楽しむよう、笑顔で話されてみてはいかがでしょうか。笑顔は最大の武器です。皆さんと一緒に働ける日が来ることを願っています。
Page top