Now Loading...

[部課紹介]

商品開発部

緒方 涼子

Ogata Ryoko

商品を創るだけでなく、携わる方々の
存在を意識しながら開発を進める

商品を創るだけでなく、携わる方々の存在を意識しながら開発を進める

「中之島R&Dセンター」での新商品の基礎研究から開発、現行商品の改良に加え、法令に準じた開発商品の品質や安全性の確認・検証を行っています。

協力会社とも連携し、新たな開発と変化に対応した改善改良を実施

研究開発Gの役割は、新商品の研究開発や現行商品の改善改良、出荷前商品の品質管理や化学物質に関する法令の遵守など、多岐に渡ります。商品開発については、これまで培ってきたコーティング技術や協力会社との連携を通じ、基礎研究から耐久性試験、施工検証、販売ツールの提案作成まで、商品づくりに関わる全てを行っており、これは新商品だけでなく、既存商品についても、現場の声や状況の変化に応じて、常に改善改良を行っています。

携わる全ての方々の顔を意識しながら、研究開発に取り組む

ただ商品を創るだけではなく、「商品に関わる方々の存在」を常に意識するよう心掛けています。研究室にこもりながら仕事をしていますと、つい「商品」に意識が行きがちになってしまいます。エンドユーザー様にご満足頂くことはもちろんですが、ご販売頂くディーラーの営業様や施工スタッフ様、当社営業マン皆さんが、自信を持って当社商品をお勧めできるよう、「携わる方々の顔」を意識しながら、日々取り組んでいます。

海外本部とも連携し、世界でご満足頂ける商品を創りたい

商品開発部は国内本部に所属していますが、今では国内・海外の垣根がなくなってきており、今後は海外本部と連携した商品づくりを行っていきたいと感じています。海外本部には、駐在員や出張者が現地で感じたニーズが集まっており、それは国や地域によって全く異なると思います。そのような生の情報を基に、それぞれの国で「これなら売れる! ご満足頂ける!」と思える商品を創ってみたいです。

最近、嬉しかったことは何ですか?

様々な人と出会い、一緒に仕事が出来ることがとても嬉しく感じています。他業種や、海外のお客様等、色々なジャンルの方々との交流はとても刺激的です。

辛いと思ったことはありますか?

商品に関するクレームやご注意を頂いた時は、正直つらいなと感じてしまいます。しかし、様々なご要望があり、その改良に携われるのは、幸せな事だと思っています。

入社して、やりたかった事をどのようにして実現していますか?

やりたい事が出来たとき、率直にそれを上司に伝えます。できる、できないは様々な要因によって左右されますが、まず伝える事が大切だと考えています。

中央自動車工業はどんな会社ですか?

人と人との距離が近いので、自分の感じている事を伝えやすく、 また察して頂きやすい会社です。やりたい事がある方には適した会社だと感じています。

緒方 涼子からのメッセージ
今様々な会社と触れ合える機会があると思いますが、ぜひ中央自動車工業をはじめとして各社のホームページを、時間を掛けて真剣に読んでみてください。そこには、その会社からの様々なメッセージが見え隠れしていて、その中には、自分がやりたいことや自分の働く姿がイメージできるものがあるはずです。そして、自分の働く姿が明確に想像できる会社に出会えたら、思い切って飛び込んでみてください。
Page top